【バイク王相模大野店ってどうなの?】整備士が筑波レコード保持者!旧車を買うなら絶対オススメのバイクショップ

バイク王相模大野店ダイレクトSHOP-店舗外観-搬入されたばかりのバイクが到着。これから登録を済ませようとする様子

バイク王相模大野店に行ってみて受けた第一印象は、「バイク屋らしいバイクショップ」という感じ。昼間に休憩中のサラリーマンがバイクを見に来たり、休憩していると、パンク修理にきたおじいちゃんが話しかけてくれたり、「ああ、けっこう気に入られてそうなバイク屋だな」と思った。

あと、大手の販売店となると「旧車」はイメージの問題で置くのを嫌がるんだけど、バイク王相模大野店にはマッハとか普通に置いてある。そんなのもあって、バイク王相模大野店の中を回ると、懐かしい記憶が蘇る感じで、軽く覗くだけでも楽しめるのがいい。


※バイク王クチコミ.comに移動します。

【バイク王相模大野店の特徴】

バイク好きなら一度は見に行くべきバイクショップ

バイク王相模大野店ダイレクトSHOP-店内バイク在庫 手前にはMT-09 店内は明るめでバイクが綺麗に整列されている

強引なバイク買取のイメージが強いバイクですが、相模大野店に入店すると、

「おっしゃ、客来たわ。おいっ買い叩くぞ!」

という感じは皆無でした。というより店舗に入れば、軽く「いらっしゃいませー」という挨拶で終わり、いきなり手ごねを巻いて御用を聞きにくるわけでもない。どうやら聞いた話によると、バイク王全店であっさりした営業を心がけているそうだ。

印象に残ったのは、営業スタッフは受け答えがよくて、相談はまあまあしやすかった。でも驚いたのが、その手際の良さだった。

「エンジンを掛けてみたい」と言うと、1分もしないうちにバイクの鍵を持ってきたのだ。

神奈川県相模原市の国道16号沿いにあり、駅からも近い

出典:googlemap

【バイクのラインナップ】

中古車のラインナップを知る事で、その店舗の特徴と、周辺地域のバイク乗りの傾向がわかります。神奈川県は東京などに比べてカスタム車と旧車の数が多く、乗り方も加速主義な所があります。また、海沿いになる横浜市付近だと、バイクが塩害にやられて錆が目立ちますが、バイク好きが多いのでしっかりメンテナンスされてるのが神奈川県のバイクの特徴です。

250cc以上が7割を占めている。旧車も揃っている

各排気量の在庫数が平均20台と、とてもバランスがとれたラインナップですね。この中に様々な旧車が入り混じっています。バイクの在庫は年々入れ替わるので、今の在庫状況が知りたい方はgoobikeなどで調べると良いでしょう。

おすすめのバイクは入口に展示されている

入口からクラシックタイプの「エストレヤ」が出迎えてくれます。バイク王相模大野店だと、「月々払いの目安」のポップがあって、購入後の支払いを想像しやすいのが特徴です。

奥のバイクは買取されたきたバイクで、これから手入れされていくようです。

ビッグスクーターは状態が良い物が多い印象

こちらはビッグスクーター。他店と比べても在庫数が多いので、神奈川県でまとめてビッグスクーターを見るならオススメだと思います。少しヤンチャなフロントカスタムされたものもあり、これは埼玉や東京ではあまりみられない特徴なので、これから自分でイジりたいビクスク目当てならバイク王相模大野店がおすすめでしょう。安いし。

バイク王のハーレーは無条件で品質がいい

バイク王にハーレーが多く状態の良いものが多い事で有名ですよね。掲示板などをみてもそのような意見も多い。しかし、なぜここまでバイク王がハーレーにこだわるのか、ハーレーじゃなくてもっと別のバイクを置いてほしいんだけども、どの店舗にいってもハーレーが3分の1のスペースを占めている。

大型のツアラーが豊富で外装は綺麗

手前からVFR、CBR1100XXなど、ロングツーリング向けのバイクを展示していますね。SSが見当たらないので、店員に聞いたところ「全部売れてしまった」との事。

そんなにバイク王でSS買う人おるの?

と、不信に思いましたが、あまりにもSSが無いので逆に見てみたくなってしまった。

相模大野店は絶版車が好き

「マッハⅡ400ss」と「RZ250 」が展示されていました。関東のバイク王の店舗でゴリゴリの2サイクルを置いているのは、ここの相模大野店か、千葉の柏店のみでした。

マッハは全国で9台しかないので超希少。そもそも古いバイクを整備できる人間が少ないのですが、後ほど説明する相模大野店の整備士ならしっかりと整備できるとの事。

相模大野店でオフ車はほとんど仕入れない

バイク王相模大野店のオフロード車はこの二台だけでした。副店長いわく、「この付近のライダーさんはオフロードに興味がないんですよね、土地柄かな?」

なんて、のんきな事を言っていましたが、確かに神奈川でオフ車は見ないし、いてもナンバーは所沢だったり。展示されているバイクはただ並んでいるだけでは無いんですね。

【バイク王相模大野店の特設コーナー】

ナップスのバイク用品を試着しながらバイクに試乗できる

「ナップス」とは、最近新店舗を続々と展開しているオートバイ用品店です。台湾に海外進出したことで業界では有名らしく、他の用品店にはないパーツが置いてあったり、なにより店舗の清潔感が良いんですよね。

ちなみにバイク王とナップスがなんで提携しているのかというと、バイク王は整備士不足なのでナップスの力を借りて、ナップスはバイク王のブランドを借りて集客したからなんだそうです。

あと、今では当たり前になっていますが、お店のパーツの試着ができるようにしたのがナップスが第一号です。それまでは買ってみないとバイクに合うかどうか分からなかった。

主にウェアやグローブ、プロテクターなどが揃っている

グローブなどの小物を試着するのに特に店員へ声をかける必要もありません。良さそうなのを一つ選んでまたがってみたいバイクに行って店員に声を掛ければOKです。

プロテクターや、ウェアなどは一声かけたほうがよさそうですね。

ケミカル類は「ワコーズ製」がメイン

どこにでもあるようなワコーズ製品が置いてあります。フューエルワンは古いバイクに継続的に仕様すると燃費があがります。あとバリアスコートは高いけど凄い。

好きなプロテクターつけてバイクに試乗できるのは相模大野店だけらしい

プロテクターを試着して、欲しいバイクにまたがれるのはバイク王相模大野店だけの特徴です。プロテクターを着けると、バイクによっては非常に乗りづらくなります。SSとかになるとカウルとぶつかることもあります。安全面を重視したいライダーにとっては有難いサービスですね。

グローブつけてハンドルを握ると全く違う乗り物になる?

分かる人には分かりますよね?いいグローブつけるとバイクに乗るのが10倍楽しくなるといっても過言ではない・・・。素手で乗っている人をみると「ああ、もったいない」と声が漏れます。まだ未経験の方は、この機会に一度試着してハンドルを握ってみましょう。

【中古車の品質チェック】

バイク王の中古車を10年ライダーが徹底チェック!

バイク本体をみて「いいバイクか、悪いバイクか」を見極めるのには相当な経験が必要です。

新車であれば皆同じ状態からスタートするので、良い状態を保つか、悪くなっていくか、それは乗る人によって大きく変化していきます。中古車を選ぶという事は、そういったバイクに乗るという事です。

サーキット走行すればエンジンの摩耗は激しく、ただの移動手段と考えていた人のバイクはメンテ不足が目立ち、クラッチ操作が下手な人のバイクはスムーズに加速しない。しまいには雨ざらしで管理しているバイクは錆だらけで酷い事になっている。

以下では、バイク王の中古車のヤバイ部分をついていく事で、少しでも悪いバイクを回避していく方法を身に着けるコンテンツです。

今回はHONDA:RVF400 (NC35)をピックアップ。中古価格は64.8万円

このバイクの内容は以下の通り、

年式 1996年 車検 検無し
走行距離 10530Km 排気量 400c

走行距離が1万kmのRVFはあまりお目にかかれませんが、希少車だけに、価格は当時の新車価格を超えているバイクです。外装は良好だったので、見えにくい部分や、分かりにくい部分を根掘り葉掘り、粗さがしします。

旧車なので仕方ないが、「エンジンはあきらかな不調だった」

「ブォブォブォ・・・・シューン・・・。」

エンジンはかかるものの、アイドリングが不安定でストップしてしまいました・・・。けっこう錆が目立っていたので、そうだろうと思っていました。(おそらく海沿いにいたバイクで塩害を受けている)

10年ライダー「これは納車するときに直してもらえますよね?」

バイク王「ええもちろんです。正常に動くように必要な部分は交換して納車します」

10年ライダー「V4のキャブレーターは同調が難しいですよね?」

バイク王「もし気になるようでしたら、再度店頭までお持ちいただければ調整いたします」

後で紹介しますが、バイク王相模大野店には旧車が得意なメカニックがいるので、ここは信用することにした。

少しぐらい手入れしてもいいんじゃない?

手で触れる所は気になるので見てみるとサビが・・・でもこれは納車整備では交換してもらえない部分です。(どのバイク屋でも共通)

気になるなら交換するしかないですね。自分で買って、納車整備の時に一緒にやってもらってう事もできるのかな?要確認です。

足回りです。これは余りにも見た目が酷い。ここも納車整備の交換対象外なので、気になる方は新品に交換か、バックステップをつけて対処するしかないという感じ。でも、動作は正常だった。

フォークシールが劣化しているが、納車時に新品にしてくれる

フォークシールという、サスペンションのゴム部品がありますが、劣化して破けていました。しかし、こういった劣化による消耗品で、走行に影響があるものは納車整備の時に無料で交換してくれます。

やばそうな部分発見。無料で交換になるかどうかは要確認

これはバイクのマフラーです。ここまで錆びると振動や衝撃で、ボルトが折れて排気漏れする可能性がでてくる。これが納車整備の時に交換の対象なのかどうかはスタッフに確認して対応してくれるかどうかは要確認ですね。

【バイク王で中古車を買うのはどうなのか?】

1.レッドバロンとの販売価格の違い

レッドバロンの場合は「2重整備」といって、バイクが来た時に一度整備します。そして、納車するときにもう一度整備します。そして、何故だか「盗難防止ロック」を買わされる。(確かに安全だけど)

バイク王の場合は、良い物を安く売るために余計な事をしないのが特徴。

2.バイク王で買う場合、少しの知識があれば安くて良いものが手に入る

「現状販売」とは、「前オーナーからそのままの状態」という事ですが、裏を返せば「大切に扱われて良い状態のそのままの状態」という事です。そこに追加でバイク王が「その良いバイクをさらに厳選して展示している」という具合らしい。

つまり、「バイク王で展示されいているバイク良いものがあれば、そのまま良いバイクで間違いがない」という事がはっきりと言える。

3.気になる部分については、よく相談する事でカバーできる

上記の「RVF400の品質チェック」には、マフラーのエキパイの錆が酷い事が分かりました。多分、あれだけ酷ければ穴が開いて排気漏れを起こして正常な加速ができなくなります。

「ここはどうするんですか?」と質問すればいいんですよね。その答えが「ここは交換できない」とか「保障の範囲外」と言われ、納得がいかないなら買わなければいい。

4.どこのバイク屋でも、どんなバイクでも、故障は必ず起きる

バイク王のCB400SFをレッドバロンで展示したら、「安心だ」と思うでしょう。でもバイクの根本的な中身は変わりません。そして、新車でない限り、中古車がいつ故障するかなんてプロの整備士でも予測できないのが現実です。

5.バイク王の保証はレッドバロンより長い

故障が心配であれば保証が長いバイクを選ぶのが普通ですよね。後ほど説明がありますが、バイク王の中古車保障はレッドバロンよりおよそ2倍長いのが特徴です。

【スタッフの対応力】

10年ライダーの店員の対応力を辛口チェック!

「良いバイクか、悪いバイクか」を見極めるには相当な経験が必要です。まず、バイクそのものの状態が「いいものだ」と判断を下すことは素人にはできません。酷いバイクに乗って壊れて、自分で直して、毎日バイクに触れている変態サンメカか、バイク屋の店員にしか確証をつかめないのが現実です。

単純な話、対応が悪い、不誠実な店員がいるお店に良いバイクがあると思いますか?ありませんよね。

そうでない人達にとって、「良いバイクを手に入れる」ためには、「店員の対応や取り組み方」が重要な指標になってきます。なぜなら、バイクというのは、気持ち一つ、気配り一つで状態が大きく変わる乗り物だからです。

バイク王相模大野店の「営業スタッフ」の対応

楽しんでバイクを見れる配慮をしてくれる

冒頭でもお話したように、バイク王相模大野店の営業スタッフは尋常じゃないスピード対応でした。気になったバイクがあったので声をかけると、

「あっ、じゃあ今カギもってきますね!」

と、頼んでもいないのにカギを持ってきてくれました。しかも1分も経たずに。だいたいのバイク屋は裏のほうでカギをジャラジャラしていて、待ちくたびれた頃に面倒くさそうにエンジンを掛けるので、それが当たり前だと思っていただけに準備の良さに驚きました。

回転数を気にせずにエンジンを吹かす事もできる

バイクに乗り続けて10年、新鮮さが薄れてマンネリ化していた僕に心を躍らせてくれました。バイクのハンドル握ってエンジンをまわすと、バイクから色々なインスピレーションを感じる事ができます。

ストレスを感じることなくバイクをじっくり見つめる事ができるのはスタッフの手際の良さがあるおかげでしたね。バイク王相模大野店では、「バイクをもう一度見つめなおす」事ができる店舗であると感じました。

一度見たバイクはしばらくそのままにしてくれる

出した後もすぐにしまう事なくこのまま置いといてくれる寛容さ。これって「他を見比べてまた戻ってきた時にもう一度またいでくださいね」って事です。普通は他の人の邪魔になるのですぐにしまっちゃいます。でもバイク王相模大野店は自分がお店を出るまでバイクを出したままにしてくれる気遣いがあります。

バイク王相模大野店の「整備スタッフ」の対応

ーーちょっとマニアな話ですが、FCRキャブレーターとラムエアが搭載されています。そして片手で持ちあがるくらい軽い。ラジエーターはワークスの一点物。「プラグの位置は燃焼室の向きに合わせた角度で締め付けると5ps出力が上がるよ」と言われたのでさっそく自分のNSRにやってみました。確かにちがう。

整備士に「筑波コースレコード保持者」が在籍している

雑誌にも載るほどの有名な方がいらっしゃいました。本来の仕事はバイク王の相模大野店で整備士として在籍しています。

バイクのカスタマイズが得意な人は世の中に沢山いますが、本格的な知識と経験をもった人は一握りです。つまり、技術の高い人が納車整備をしてれるので、その方がバイクを整備してくれるのは本当に安心できる。というよりもっとお金のかかる話だと思いますが、ここならバイク王単価でやってくれる。ある意味、バイク王相模大野で旧車を買うのは丸儲けしているような話ですよね。

整備工場は、室内のさらに室内で行われているので環境がいい。

こちらはバイク王相模大野店の整備工場です。他のバイク屋と比べてみても、2倍以上広いのが特徴。この工場が店舗の中の、また別室として用意されているので、バイクにとって環境が凄くいい。

環境が良いとメリットが沢山あります。一つは「吸気関係のセッティングに支障がでない」事と、「グリースなどに砂利やゴミなどが付着しにくい」という事です。

少しマニアックな話ですが、バイクの部品は繊細で、少しでも問題でにくい環境でメンテナンスされる事が重要だという事です。

【バイク王の中古車の保証について】

バイクの中古車において「保証」というものがあります。これは「一般的な消耗品以外で故障が出た時には、その部分を無償で交換しますよ」というものです。

簡単に説明すると、画像のような「点検で確認できない内部の部品」の事が対象になります。この内部の部品が、普通に乗っていて故障する事はほとんどありませんが、万が一の時に無償で交換、修理してくれます。

バイク王なら10年落ちの中古車でも3か月間の保証が付く

※【125cc~】販売時の走行距離に関わらず総走行距離が30,000km以上となった場合に保証が切れる。

※【~125cc】販売時の走行距離に関わらず総走行距離が10,000km以上となった場合は保証が切れる。

バイク王の最長7年保証は、メーカーの新車保証よりも長い

ご覧い頂いてるのはバイク王で購入したバイクの保証期間。どんなバイクでも「最低3か月」の保証がつきます。そして、バイク王の新古車においては、最長で7年の保証がつきます。

 対するレッドバロンは、バイク王の半分以下の保障

対するレッドバロン、どんなバイクでも「一か月又は1000km」と保証期間はとても短いです。レッドバロンは「2重整備」をして「安全ですよ」と謳ってはいるのですが、バイクは何かしら故障するし、何を整備したかは素人には分からないし、相手は機械だからそれを予測することは人間にはできない。それなら保証が長いほうを選んだほうがいいんじゃない?って話になってきてる。

※バイク王クチコミ.comに移動します。”

【バイク王の特典とキャンペーン】

購入前提ならどんなボロ車でも3万円の値段で引き取ってくれる?

どうしようもないボロボロのバイクをお持ちの方限定です。

バイク王で中古車を買う事が決まっているなら、そのバイクに値段をつけて、次のバイクの総額から最大で3万円値引きしてくれるそうです。

【免許取得キャンペーン】2500円で免許を取得する

  原付 中・大型~
バイク王 ー5500 ー33000
レッドバロン ー30000

原付免許の費用は、写真代なんか含めて一般的に「7750円程」になります。そこにバイク王サポートを適用すると実質「2500円」程で免許を取得すことができます。当然、バイク王でバイクを買われる方が対象です。
原付きの免許サポートがあるのはバイク王のメリットですね。対するレッドバロンは原付サポートやっていないので、同じ値段のもので保証も考えると原付乗るならバイク王で確定して良いと思います。

※バイク王クチコミ.comに移動します。

【バイク王の工賃や諸費用について】

バイク王相模大野店は認証工場だから整備は安心できる

バイク王横浜上郷店 認証工場の看板 これによって整備保証がついてバイクの安心と安全を確保する役目がある

出典:httpwww.goo-net.compitmagazineinspectionninshoukoujoutositeikoujounochigai.html

バイク王相模大野店は国から許可を得た「認証工場」です。「整備や点検、メンテナンス」を行う許可を国からもらっているので、確かな知識と技術をもった整備士がいます。

また、近年では、不良整備による二輪車の事故多発が問題として取り上げられています。重大なペナルティーを起こした認証工場は事業停止になる事もあるようです。

部品の持ち込みができて基本工賃がどこよりも安かった

店舗 予約 部品持込 工賃 部品代 合計
バイク王 2160 ※2500 4660~
レッドバロン ●(会員のみ) 4000 3000 7000~
SOX 3240 3000 6240~
二輪館 3240 3000 6340~

基本工賃とは技術料の事です。ここでは主に一般的な消耗品の交換について説明します。例えとして「CB400SFのブレーキパッド(デイトナの赤パッド)」をバイク王で格安で交換してみます。

手順は以下の通り、

  1. ネットで2500円程度のブレーキパッドを購入する。
  2. 買ったブレーキパッドをバイク王相模大野店に持ち込む。

こうした場合の出費は「4660円」で済む計算になります。他社と比較しても「1000円以上安い」事になり、レッドバロンと比べると「2660円」も安くなります。

ただ、車種によって料金も変わってきますので、事前に確認することが大事になります。

納車整備費用

納車前の整備は全国どのバイク店でも行う必須事項。

「本当の本当にバイクに問題が出ないか、国の検査基準を元にもう一度細かくチェックする」のが納車整備です。

バイク王はレッドバロンと違い「購入後に整備を行う」販売形式なので、販売時の価格は安くとも、デメリットとして「納車前に費用が出る可能性」があります。

そしてバイク王の納車整備費用というは「走る、曲がる、止まる」が安全に問題なくできる状態にする事なので、その状態に至るまでに必要な部品の交換と費用はバイク王が保証してくれます。

また、それ以外に費用がかかる部品があっても、必ずバイク王から相談と提案があるので、高額になることはなく、知識のあるライダーなら費用を抑えて購入する事も可能です。

【アフターサービス】

「アフターサービス」というは「バイクを買った後のサポート全般」の総称です。バイク王の場合は「パートナーズパック」という商品名です。どこでも同じような内容で、主に、「オイル交換」「点検」「車検」「整備」を優先的にかつ、安くやってもらえるのが特徴です。

アフターサービスは、バイクの購入価格に組み込まれ「無料」としている所もあれば、バイク王のように「有料だけど、入るか入らないかは客の任意」として決めている所もあります。

バイク王が任意で加入を勧めている理由には「お客さんに自由なバイクライフを送ってもらいたいため」だそうです。

 コストパフォーマンスが高い。そして明らかに「安い」

バイク王のパートナーズパックは今「半額」になっています。

250ccなら、43000円→21500円

400ccなら、68000円→37000円

大型なら、74000円→40000円

ハーレーなら、78000円→42000円

という具合に、とても安いのですがデメリットとして「加入時は現金で一括払い」が条件になっています。250cc以下なら21500円と、まだ手の届く範囲です。

良いエンジンオイルで寿命を延ばしてくれる配慮がある。

出典:http://udx-carwash.com/bikewashexample/

分かる人には分かる、ワコーズ製のエンジンオイルを使用しています。特にこの「PROSTAGE-S」という高級グレードになり、定価は2000円/1ℓするものです。

パートナーズパックに加入すると、このオイルを半年に一度の計4回、交換する事ができます。

半年に1度の定期点検と洗車で、バイクの状態を保ってくれる

基本的な点検を行ってくれます。「走る」「曲がる」「止まる」が正常にできる事を確認して納車されます。何か問題があれば相談して部品の交換を行うこともできます。

点検後には洗車してもらえるので、気持ちよく走る事ができますね。

車検の時に払うのは、交換部品などの消耗品のみ

パートナーズパックには、車検時に必要な手続きの費用も含まれています。(相場は9000円~12000円)また、必要な交換部品があれば別途交換費用はかかります。

故障修理の工賃が50%OFFになる

通常は購入時の中古車保障がカバーしていくれますが、例えば3か月が満期の場合、それを過ぎた後の故障の修理費用は100%実費になっていまいます。パートナーズパックに加入すれば、そこにかかる工賃が50%OFFになるので助かりますね。

デメリット1.「車検の時に代車がない」

基本的にバイク王では車検時の代車がありません。バイクをレンタルするか、友達や家族に同行してもらうしかないのが欠点です。しかし、店舗によっては貸し出ししている事もありますが、公表していないので定かではありません。

デメリット2.「車検の納期が長め」

バイク王の全店舗は基本的に納期が長めです。車検に出すときは、他のバイクも載せていくからですね。早めにバイクの車検を通したい方は、事前にバイク王相模大野店のスタッフに確認をとる必要があります。

「バイク王の買取事情」よく聞く噂はもう過去の話?

バイク王の査定は非常に丁寧だと感じています。大事なのはまず「礼儀」ですよね。愛車はできるだけ他人にはベタベタ触られたくないもの。バイク王で査定すると、まずは「丁寧な挨拶」から始まり、愛車に最大限の配慮してくれる気遣いがあって、初めてバイクの査定が始まります。売る気が無くてもしっかりとバイクを見てくれましたよ。余裕がある感じが「さすが大手」ですね。気軽にバイク王で査定してみてはどうです?

※バイク王クチコミ.comに移動します。

【まとめ】

バイク王相模大野店は稀にみる良くできたバイクショップだと感じました。とりあえずは一度見に行っても損はないバイク屋だと思います。中にはレース好きのバイク乗りさんもいらっしゃると思いますが、コースレコードの方のノウハウはどこにも載っていない内容ばかりでした。一応彼らも忙しい身なので、バイクを見ながら様子を伺って話かけてても面白いかもしれませんね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA