【バイク下取り】VS【バイク買取】どっちがお得?!

p18のキャッチコピー

バイク比較ドットコムで最大6社に一括査定

バイク下取りとバイク買取の違い

下取りvs買取1

普段何気なく使う、「バイク下取り」と「バイク買取」この違いご存知ですか?

簡単に説明すると、
乗り換えの際に車両価格の一部となるのが「バイク下取り」、
バイクが現金に変わるのが「バイク買取」です。

ここでは、

  • 「下取り」と「買取」どちらが良いのか?
  • どの会社を選べばよいのか?

ということについて解説していきます。

ちなみに、バイクの買取と言われてもあまりピンとこない人もいるかもしれませんが、
最近では結構メジャーになってきています。
なにせバイク市場は中古車が圧倒的な割合を占めていますからね。

業界最大手と言われるレッドバロンでも、
絶対に他社より3万円高く買取る「ダイレクト買取」というキャンペーンを行っています。

レッドバロンの買取に関して書かれた記事もあるのでぜひ参考にしてみてください。
レッドバロンが買取に力を入れていることが分かる2つの事実とは?!

また、レッドバロンがどのような会社か全然知らないという方はこちらをご覧ください。
レッドバロンを攻略!赤男爵ことレッドバロンを徹底検証

バイク下取りVSバイク買取どっちが高く売れる?

気になるのは「バイク下取り」と「バイク買取」、
どちらが高値で売れるのかということですよね。

結論から言うと条件がばっちり合えばバイク下取り、通常であればバイク買取です。

バイクは「下取り」よりも「買取」がオトク?!
※バイク比較ドットコムの記事ページへ移動します。

バイク買取が高く売れる理由

まずはバイク買取が高く買い取れる理由を解説します。
ポイントは以下の2つです。

  • 在庫の保有期間が短い
  • 薄利多売でもやっていける

この2つのポイントについて、以下で詳しく解説していきます。

ポイント1:在庫の保有期間が短い

商売をされてる方ならお分かりかと思いますが在庫=リスクです。

販売店の場合

販売店では、下取りしたバイクを基本的には店頭に並べます。
店頭に並べたバイクは売れるまで1ヶ月、長ければ1年以上かかってしまいます。

しかし、その間にどんどんバイクの価値は下がっていくため
販売店ではなかなか高価買取とはいかないのです。

バイク買取専門店の場合

一方で、バイク買取専門店では、買取したバイクを業者間オークションに流します。

業者間オークションは週に2回開催されており、バイクの成約率は80%を超えます。
つまりほとんどのバイクは1週間以内に売却できるのです。

すぐに売却できることがわかっていれば
多少粗利が小さくなっても強気な価格を提示できるというわけなのです。

では、「販売店も業者オークションで売ればいいのでは?」と思うかもしれません。
ここで2つ目のポイントが生きてくるのです。

ポイント2:薄利多売でもやっていける

業者オークションへの出品方法を想像してみてください。
オークション会場までバイクを運び手続きをし、出品料を支払わなければなりません。
少ない台数をオークション会場へ運ぶより、たくさんのバイクを運んだほうが
1台当たりのコストは安い
に決まっています。

つまり、オークション流しを想定するとバイク下取りはバイク買取よりコストがかかるということです。

バイク買取業者によっても評判が全然違う!

下取りvs買取2
バイクの買取で有名なバイク王では、買取ったバイクはほとんどオークションに流しています。
(最近ではダイレクトSHOPで店頭販売も行っています。)

バイク王を利用したことがある人なら分かるかもしれませんが、バイク王の営業は徹底されています。

そんなバイク王の買取に関する口コミについて書かれた記事もあるので、興味のある方はご覧ください。
バイク王のバイク買取に関する口コミ集めました


※バイク王クチコミ.comに移動します。

反対に、バイク業界最大手のレッドバロンでは積極的に店頭販売を行っており、
大手のバイク会社でもビジネスモデルが大きく違うことが分かります。
レッドバロンの評判についてはこちらの記事をご覧ください。
評判悪いのはなぜ?レッドバロンの評判を徹底解剖!

そして、買取に関してバイク王とレッドバロンをの評判・口コミを比較した記事もあるので、
バイクを売ろうと思っている方は参考にしてみてください。
バイク王とレッドバロン、どっちにバイクを売れば良い?

バイク買取相場を知って賢く売却しよう!

いざバイクを売却するときに気になるのは買取相場と比べて高いのか、安いのかですよね。
自分の満足のいく値段でなくても買取相場を知っていれば納得できるというものです。

次は、「バイク買取相場ってどうやって決まるの?」これを徹底的に解説します!

ちなみに、バイク比較ドットコム自動オンライン査定では、
無料で簡単にバイクの査定額を知ることができます。「自分のバイクがいくらで売れるのか知りたい!」という人は利用してみるといいでしょう。

バイク買取上限金額=バイク専門間業者オークションでの流通額

まずはバイク買取してもらう際の基礎知識、上限金額についてです。

バイク買取の上限金額は、業者間オークションの流通額です。
というのも、世の中に存在するバイク屋さんの90%以上は
バイク専門の業者間オークションに加盟しています。

業者間オークションでは、毎週のように何千台、何万台ものバイクが売買されていて、
通常のバイクであれば買えないバイクはないといっても過言ではありません。
つまりバイク屋さんは業者オークションであればいつでもほしいバイクを買うことができる状況なわけです。

反対に、バイク買取について考えてみましょう。
バイク屋さんは買い取るバイクを選ぶことができず、お客様の持ってきたバイクに値段をつけるしかないのです。
もちろん、そんなに必要でないバイクのケースもありますし、
必要なバイクだとしてもオークションを使えばいつでも入手できます。

となるとオークションでの流通額以上で買取りするメリットがバイク屋さんにはないというわけです。

実際はどれくらいの金額で買取されるのか

下取りvs買取3

どんなバイク屋さんでも買取業者でも、最終的に業者オークションに流したときに自社に利益が残る金額で買取します。
バイクの排気量等によっても変わってきますが、たいてい流通額の5割~8割程度です。
つまりオークション流通額の5割~8割が買取相場になるということです。

ちなみにオークション流通額は店頭価格の5割~8割なので、店頭価格から比べると3割~6割くらいが買取金額になることが多いです。

・・・ここでなるほど、そんなものかと思った方、損します!

例えば店頭価格が20万円のバイクであれば3割で買取されれば6万円、6割に達すれば12万円。
その差は実に6万円!!!

ではどんなバイクが6割で買取されるのか、それはずばり新しくてきれいなバイクです。
基本的にバイク買取価格は買った時点から年数がたつたび、走行距離が伸びるたびに下がっていきます。
もちろん乗っている間は構わないのですが、乗らないバイクを放置するほどもったいないことはありません。
バイク買取は思い立ったが吉日、すぐに売ってしまうのが賢いやり方です。
高く売れるバイクってどんなバイク?!

買取相場の間で、最も高くバイクを売るには?

先ほども言いましたが、バイク買取相場は店頭価格の3割~6割程度です。
それ以下なら断固として売らないほうがいいです。(原付は単価が安いので値段がつかない場合もあります。)

では3割~6割の間でできるだけ高く売るにはどうすればいいか?
私のおすすめはバイク一括買取査定のバイク比較.comです。

一括比較でお手軽ですし、大手の買取店と販売店がバランスよく参加しているので、
相場以上の価格になることが多いみたいです。
サイト内でバイク買取相場も公開しているので安心ですね。

バイク下取りがバイク買取よりも高くなるケース

下取りvs買取4

さて、今度は下取りに焦点を当ててみましょう。
バイク下取りがバイク買取の価格を上回るには以下を満たす必要があります。

  • 下取りする車両のバックオーダーがある。なくともすぐに売れる状況である。
  • 販売店がものすごく優良な店である。

バックオーダーとは、あなたが売却するバイクの買取手がすでに決まっているケースです。
たとえば「マグザムが入荷すれば必ず買う」というお客様をバイク販売店が抱えていれば、
あなたのマグザムは高く売れる可能性がでてきます。
オークションより高い価格で販売できて在庫期間が短くて済むのですから高額買取できて当然です。

ただし、これは販売店が優良である場合です。
すべてのバイク販売店は商売ですから、できるだけ安くバイクを仕入れたいと思っています。
バックオーダーがあるからといって上限金額では買い取りたくないのです。
しかも下取りを依頼するお客様のほとんどは、バイクショップの言い値で売却されています。
となると必然的に低価格での提示になります。
バイク販売店が悪いのではなく、商売だから当たり前なのです。

でも、バイク買取してもらう側としてはできるだけ高く売りたいですよね。
そんなときは一括査定を使ってみてください。
無料で出張査定してくれるので、簡単に自分のバイクが最高いくらで売れるのかが分かります。

一括査定の仕組みをもっとよく知りたいという方は別記事を参考にしてみてください。
一括査定を使うメリットってなに?
バイクを高く売りたいのであれば、一括査定は絶対に知っておくべきです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA