車検の基礎!バイクの車検を受けるにはどうすればいいの?!

バイクの車検とは?

車検
バイクを保有している以上、車検というものが付きものです。

その車検について、皆さんはどれくらいの知識をお持ちでしょうか?

まず、車検が必要なバイクは小型二輪自動車と呼ばれる251cc以上のバイクです。

250cc以下のバイクであれば車検制度は適応されませんが、半年と一年で整備点検を行わなければいけないという法律があります。

バイクの状態は、自分だけでなく他人の命にもかかわることなので、管理を怠ってはいけませんね。

バイク車検の主な種類

バイクの車検には様々な種類があり、主に新規検査継続検査といったものがあります。(他にもいくつかあります。)

新たにバイクに乗るときに受けないといけない検査が新規検査、購入してから三年後、その後二年に一度受けなくてはいけない検査は継続検査と呼ばれています。

継続検査が必要なケースとは?

どういった場合に継続検査が必要になるのでしょうか?

以下のケースは最低限押さえておきましょう。

・自分の所有するバイクの車検証の有効期限満了が迫っている、もしくは過ぎてしまったとき

こちらのケースにおいて、仮に検査がどうしても受けられない状況であれば、バイクをどこかに保管しておいて再びバイクに乗る際に継続検査を受ければよいので、車検証の有効期限が連続していなくても問題はありません

特に気を付けなくてはいけないのが次のケースです。

・廃車登録がされていないバイクを購入したとき(販売店や個人売買など)

既に廃車登録がされているバイクを購入した場合は、新規検査が必要となります。

名義変更をこれから行うという人は、継続検査が終了してから名義変更の登録をするのが一般的です。

車検を受けるにはどうすればいいの?

検査方法は様々なものがあり、指定整備工場や認定整備工場もしくはバイクショップなどに依頼する方法もあれば、ユーザーが自分で持ち込んで車検を行う方法(ユーザー車検)もあります。また、ユーザー車検を代行してくれるユーザー車検代行業者を利用する方法もあります。

この中で問題視されているのが「ユーザー車検代行業者」の存在です。

忙しくて車検に行けないという人たちの代わりに、バイクを車検場まで陸送して検査を受けてきてくれるというサービスなのですが、注意しなければいけないのはあくまで「代行業者」なのであって、バイクの点検整備はしてくれません。

なので、簡単でしかも安上がりだという理由で、バイクの点検整備をせずに代行業者に頼む人が増えてきてしまっているのです。

こうなると検査内容が厳しくなり、ユーザー車検が難しいものになってしまう可能性があります。

どういった方法で車検を受けるにせよ、自分のバイクの管理は責任をもって行うという意識も持つことが重要です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA